耐久度のチェック

疲労試験の意味と役割り

疲労試験とは構造物に荷重をかけて、その耐久限度を測る試験の事です。まず構造物と同じ材質のものを試験するための大きさや形に加工します。そして様々な荷重をかけて試験をします。同じ試験片で何回も、そして幾種類もの試験を繰り返します。1種類の試験の費用はおおよそ数万円からとなっています。その他試験片を加工する為の費用もかかります。そして試験片を固定する冶具も準備する必要がある場合もあります。その時は冶具の製造費用もかかります。これら一連の作業は大手試験場や試験受託会社で請け負っています。宇宙開発や、船舶、自動車など、物を製造する際、疲労試験は大変大きな役割を果たします。試験の種類としては曲げ、引張り、圧縮等の疲労試験があります。その他に耐熱や腐食等に対しての疲労試験などもあります。

現在取り組んでいる事

疲労試験は試験場や受託会社に申し込み、そして綿密な打ち合わせの後試験を行います。試験の素材は金属片だけに限らず、ステンレスやゴムなど様々なものを扱っています。そして大きさも様々です。最近では数ミリ単位の試験片での疲労試験も行われています。試験片を小さくすることはコスト削減にも繋がります。試験片を作成する時は加工や切断をする際、素材を傷つけたり変化させないような技術も進んでいます。また試験場では各種試験以外に試験装置の設計や製造に関わったり、機器が故障した時は修理も行っています。その他にプラントにおいて、定期的な点検を行っているところもあります。そして機器の一部を取り出して、不具合や老朽化などの検査を行っているところもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加