試験を行なう

疲れが繰り返されることで起こる破損

缶ジュースを手で握ってもなかなか潰すことができません。しかし、足で勢いよく何回も踏みつけると潰すことが可能かもしれません。これは缶に耐えきれない力が継続的に加わり疲れてしまったということができます。金属やプラスチックなど、ある一定以上の力を継続的に加えた時に破損してしまうことがあります。これは物体に疲労がかかった状態です。物がどの程度の疲労を受けると破損してしまうのかを測定するために、疲労試験があります。疲労試験では材料から試験片を採取し、試験機で荷重を繰り返し行います。これにより、製品の寿命や損傷原因を解明することに役立てたりします。これらは製品の価格設定などにも影響を与えることも考えられますから、重要な試験といえます。

耐性製品の開発に役立つ試験

この疲労試験は圧縮やねじり、曲げなどの方法があります。初回の疲労では何ともない金属などでも、同じ箇所に繰り返し疲労が加わると折れてしまうことがあります。これらの現象を疲労試験で再現することで、製品の疲労限度や使用条件などを注意喚起することもできるでしょう。機械工業の発展などにより、疲労による破損が社会的問題となっていた時期もあったようです。これらの問題を解決するべく、疲労試験が重要な役割として認知されてきた歴史があります。疲労試験による研究が重ねられ、より強度で安全な製品の開発にも役立ってきました。これまでは耐えられなかった条件でも、改良により耐性を発揮できる商品が生活の中でも見受けることができます。今後も耐性がある便利な商品が開発されていくことでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加